マカとは

生涯現役でいたいあなたをサポートする薬用植物
マカの画像

マカの特徴

「マカ」は標高約4000mのアンデス高地に生育するアブラナ科の根菜で、古くはインカ帝国の時代から活力源として珍重されてきました。その生育環境は強烈な紫外線と酸性土壌で、しかも夏でも気温が昼間20℃夜間はマイナス15℃の温度差の厳しい自然環境の中で育つ植物です。

「マカ」はここで生き抜くために、必須アミノ酸をはじめ、各種ビタミンやミネラル、特有成分グルコシノレートなど、私たちの若々しさや元気にも大切な栄養を大地からあますことなく吸収して育ちます。そのため、「マカ」を一度収穫した畑は不毛になり、数年間は栽培できないと言われるほどです。

含有成分一覧

カルシウム たんぱく質 亜鉛 アラニン
586mg 11.5mg 11.3g 7.93mg 390mg
アルギニン アスバラギン酸 グルタミン酸 グリシン ヒスチジン
610mg 670mg 730mg 350mg 190mg
イソロイシン ロイシン リジン メチオニン フェニルアラニン
280mg 450mg 310mg 110mg 290mg
プロリン セリン トレオニン チロシン バリン
2.49g 330mg 330mg 200mg 390mg

100gの粉末含有成分および量日本食品分析センター分析